福利厚生の内容を良く見ましょう!

トラックドライバーは人手不足の状況が続いています。しかも、若手の人材が不足していますので求人は多くあります。当然、大手の運送会社は安心できますが、過剰労働や休日、社会保険などが悪い会社もありますから注意をしましょう。一つの会社で長く働きたいのが普通の気持ちでしょう。そのため、福利厚生面から見はじめることが重要となります。

福利厚生面の重要点は?

年間休日は100日以下が普通なため、112日以上は欲しいですね。昇給は年1回あり、賞与も年2回欲しいですね。こんなに大切なことが書いてない会社はやめましょう。退職金がある会社にできるだけしましょう。独身寮や社宅があるのは、大きな会社と判断できるプラス材料ですね。産前・産後休暇は女性ドライバーが増えていますので重要ですね。

大型トラックドライバーの仕事などは?

依頼を受けた荷物を配送する仕事です。 長距離が多いため、トラックの中で睡眠をとること多いです。長時間を一人で運転しているため、人間関係の苦手な方で、体力と経験が十分にある人にに向いています。なお、免許は大型自動車免許(11トン以上)が必要とします。

中型トラックドライバーの仕事などは?

主要な都市にある集配所から依頼の荷物を運ぶのが主な仕事になります。基本的に、日帰りできる距離での仕事が多いです。なお、免許は

中型自動車免許(5トン以上11トン未満)が必要とします。

小型トラックドライバーの仕事などは?

2トンと3トン車で行う業務で、積む荷物の重さの多さから指定ルートへ配送する業務がたくさんあります。また、集配所から集配所へのルート配送、宅配業務などがあります。未経験者が大きなトラックを運転するには、ある程度の時間と経験が必要ですので、初めてトラックドライバーを行う人の仕事になります。なお、免許は普通自動車免許で大丈夫です。

トラックドライバーの求人で提示されている平均年齢は30代前半までで、過去にトラックドライバーの経験があれば年齢を問わず優遇されます。