どこにフォーカスを当てているかに違いがある

日本企業と外資系企業は何となく違うなと感じている方は多いかと思いますが、具体的にどのような点が違うのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。日本企業と外資系企業の違いは、どこにフォーカスを当てているかです。組織として動くことが多い日本企業では、会社を第一に行動することが多いですが、個々に動くことが多い外資系企業では仕事を第一に考えている場合が多いです。したがって日本企業では組織の中で円滑に働けるように、サービス残業や付き合いの飲み会に参加することがあります。これらの行為も仕事の内と考えることが多いからです。一方、外資系企業は仕事を第一に考えているので、仕事の結果が最重要視されます。それによって、仕事に直接関係のないことは行わなくてもよいとされています。

社員教育や勤務体制も異なる

日本企業に新卒として入社すると、新入社員教育を受けることが多いのではないでしょうか。日本企業は会社で社員を育てていくという風習があるので社員の教育に力を入れているところが多いです。一方、外資系企業は新入社員で入社したとしても社員教育などは行いません。外資系企業は現在持っている能力に応じたポジションを採用しているので、それ以上のことを期待していないからです。基本的に外資系企業では、上のポジションに就きたい場合は転職する必要があります。したがって日本企業のように社員教育をするという風習がそもそもないのです。日本企業は終身雇用の風習が残っているので、勤務時間が長い社員が評価される傾向です。一方、外資系企業は仕事内容によって評価されるので、効率よく仕事している人が評価されやすいといえます。

外資系求人の多くは他の企業とは異なり、一年を通して万遍なく就職活動を受け付けています。人材については語学力よりも、コミュミケーション能力の高さが重視されるのが特徴です。