同じ工場でも派遣会社ごとに時給が異なる

工場での期間工は現在では派遣会社が雇用や管理を行うのが普通です。工場を運営する会社が直接雇用するよりも多くの人材が集まり、入れ替えも容易なのが理由です。繁忙期には全国から必要な人材を集めるので多数の求人広告が出ますが、勤務先が同じ工場でも派遣会社ごとに時給が異なります。これは派遣会社ごとに利益率が違うためですが、営業活動や広告の費用も関係するので派遣会社の経営規模や知名度はあまり参考にはなりません。また、経験が豊富であったり免許などを持っている人材には基本給の他に様々な名目で賃金を上乗せすることがあります。

繁忙期に入る少し前が狙い目

期間工の仕事は短期間で多く稼げるイメージがありますが、その一方で繁忙期に入るとすでに定員に達したので雇ってもらえないというケースは珍しくありません。お金を稼ぐには期間工として働くのが一番と考えている人は少なくないので早めに応募する必要がありますが、工場からの依頼が無ければ派遣会社は求人広告を出しません。そのため、応募するタイミングが重要になります。工場の繁忙期は業種ごとに違いがあるので、それぞれの業種ごとの繁忙期より少し前の時期を狙って派遣会社に問い合わせるのが最良の方法です。

時給の高さよりも福利厚生が充実していることが重要

期間工として働く場合、時給も大切ですが福利厚生の内容についてもこだわる必要があります。いくら時給だけが高くても寮費などの支出が嵩んでしまうと蓄財は困難です。期間工として暮らす間の支出を低く抑えることが重要なので、時給よりも福利厚生が充実している所を優先することを心がけます。

期間工は月給制だけでなく日払い式で給与を受け取ることができるので、お金の使い方に幅を持たせられます。