外資系企業の定義と実際の扱いについて

外資系企業は外国人、または外国の法人が一定額以上の出資を行っている日本の企業を意味します。出資の割合については法律上の具体的な定義は無いので、実質的な経営権が外国人にあっても日本に拠点を置いて営業していれば日本企業として扱われるのです。しかし実際は外国企業が日本で活動するための窓口としての意味合いが強く、外国企業の日本支社というイメージが一般的です。そのような外資系企業が多いのは事実であり、仕事におけるスタンスも外国企業に準じているのが普通です。その一方で外資系企業でありながら営業範囲が日本国内に留まる所もあります。そのような企業は出資者に外国人がいる点を除けば日本企業とほとんど変わりません。

外資系企業で好まれる人材の特徴

複数の国や地域を相手にしたビジネスを展開するイメージが強い外資系企業ですが、そのような所では語学力よりも対人コミュニケーション能力に長けている人材が好まれる傾向があります。これは国や地域ごとで価値観や考え方が大きく異なるためであり、どのような相手でも柔軟な姿勢で対応できる人材が現場では重宝されるためです。語学力については外資系企業に入社してから向上させることも可能ですが、対人関係を良好なものにできる能力は一朝一夕で得られるものではありません。生まれながらの才能が大きく影響する事柄であり、それだけに貴重な人材と言えるのです。また、外資系企業は個人の能力を重視するイメージがあるものの、チームプレーを軽視しているわけではないことも併せて理解する必要があります。

外資 ITに関心を寄せる若い社会人男女が増えてきました。IT系の分野は外資系企業の得意分野であり、待遇面や将来性が期待されています。