何の免許が必要なのか?

タクシードライバーはお客さんを目的地に送り届ける大切な仕事です。時にはお客さんに話したり、地域のおすすめスポットを聞かれたりと、人と関わることが多い職種です。そんなタクシードライバーになるには、車を運転するため当然、第一種運転免許が必要です。ここまでは取得している人も多いです。さらに取得から3年以上経過していることが条件となります。それともう一つ必要な資格があります。それは第二種運転免許です。

第二種運転免許とは?

お客さんを乗せる車を運転するために必要な免許です。もちろん自動車運転代行業なども必要になってきます。ただこの免許は普通自動車や中型車、大型自動車など、各種自動車の第一種運転免許のいずれかを取得してから3年以上が経っていないと、二種免許の試験を受けられません。そのためタクシードライバーは一番若くても21歳以上ということになります。

会社によっては補助もある?

まだ第二種運転免許を取っていない人にもチャンスはあります。それは二種免許取得まで補助してくれる会社もあります。免許取得のための合宿制度を設けたり、取得費用の援助を行っている所、二種免許取得まで日給が出るところもあります。補助の内容会社によって様々なので求人を探す際は要チェックです。

あとは健康であること!

大切なお客さんを乗せる仕事のため、健康であることは基本になります。運転中に突然異変があり、事故なんて起きれば会社の信用に関わるからです。ただでさえ運動不足になる、と言われているドライバーの仕事。ベテランの中には、必ず毎日運動をしている人も多いようです。健康には気を付け、タクシードライバーを目指してみて下さい。

タクシードライバーの求人の平均年齢は30代~60代の方を対象にしているのが多く、性別・経験は不問になっています。