工場の勤務体制はシフト制が主流

工場の仕事は勤務体制がどうなっているかを見て決めるのが重要なポイントです。工場は効率的に生産できるように設計されています。24時間365日の稼働体制にしている工場は多いので、夜間も週末もスタッフを配置して製造を続けなければなりません。そのため、工場で働いている大半のスタッフはシフト制で勤務しています。一日8時間ずつ交代制で働く仕組みのところが多く、夜間や休日もシフトに入らなければならないタイミングがあるでしょう。工場によっては夜間は自動運転で任せてしまう、土日は工場を稼働させないという場合もあります。それでもシフト制で早朝から働く日と昼過ぎから夜中まで働く日に分かれることもあるので勤務体制は詳しく確認するのが大切です。

シフト制ではない場合にも注意が必要

工場によってはシフト制になっていない場合もあります。勤務時間が9時から17時などといった形で定められていて、原則としてその時間に働く仕組みのこともあるのです。ただ、実際には時間外労働が発生しやすい現場も多いので気を付けましょう。工場を稼働させられる有効な時間を無駄にしたくないのが企業側の本音です。17時で仕事を終えるよりも、残業してもらって19時まで製造を続けた方が売上を増やせます。そのため、シフト制になっていない場合には残業が長い場合が多いのです。連日のように残業が一定時間スケジュールされていることもあるので、実際の勤務時間がどうなるのかを工場に直接問い合わせてみるのが賢明です。

静岡の工場の求人は、大手企業から地元の小規模企業まで規模がさまざまで、食品から機械の部品の製造まで数多くの仕事があります。