製造作業と組み立てについて知ろう!

工場では、製造をして出荷するまでの作業が行われていて、働く場合は各工程作業のどこかに配属されるでしょう。工場ではまず原材料を加工して素材を作る製造作業が行われます。規模が大きい工場では製造作業を機械化している場合が一般的です。しかし、すべて機械で作業されている訳ではなく、マシンオペレーターによって機械が動かされています。

マシンオペレーターの求人があれば、製造作業で機械へ情報入力して操作したり、機械の動作や製造した素材のチェックをしたりする仕事だと思ってください。製造された素材から製品を作る工程は組み立てと呼ばれます。ケーキ作りであれば、デコレーションする工程が組み立てです。製造と組み立て作業を同じ人物が担当する場合もありますが、大人数が働く工場では流れ作業で組み立てを行います。

責任感や体力が求められる工程作業もある!

検査・梱包の工程では、組み立てた製品に問題がないか確認する作業を行いますが、不良品を見逃した場合に責任が問われる仕事です。ただし、製造や組み立てよりも肉体的疲労を感じにくいとも言われています。検査が終了すれば製品を梱包して保管場所で管理が行われた後に、ピッキング作業と出荷作業を経て製品は工場から輸送されていくのが基本です。

ピッキング作業は梱包が終了した製品を仕分けしトラックなどへ運ぶ作業で、重量のある製品も多く取り扱うため体力を使うとされています。出荷作業は緩衝材等で製品が傷つかないようにしたり、送り状を貼ったりするなどが主な作業です。工場の求人情報を見る場合は、どんな作業内容で求人が行われているかをまずは確認して下さい。自分に向いている作業か、取得している免許が活かせるかなどを考慮して応募しましょう。

総合人材サービスを行う日総工産は、製造業の大手人材派遣会社です。男女ともに経験を生かして活躍することができ、工場勤務未経験でも研修制度が整っているので、安心して働けます。